作り付けの家具にも拘りを

注文住宅では設計の段階からかかわる事が出来るので、例えば、ウォークインクローゼットや、玄関に作り着けのシューズクローゼット、お子さんの部屋のロフトなど、作り付けの家具にも拘りを持たせることができます。

インテリアウォークインクローゼットも、年齢を重ねるごとに家族の洋服が多くなっていきますので、最初から大きく利用するという事ではなく、途中から変更できる作りにしておくと別の用途に利用できます。
お子さんの部屋も最初は1つにしておいて、姉妹が大きくなってから部屋を2つに割る事を想定して、クローゼットの位置を決めるなど、作り付けのインテリアに関しても拘りをもって作っておくと、将来的に非常に便利に利用できるようになります

キッチンの作りにしても、変更可能なインテリアにしておくと、家族の人数が多くなる、少なくなるという事に応じて、臨機応変に住宅のイメージを変えることができるのです。インテリアはそれほど重要ではないと考えている方も多いのですが、注文住宅を建築される場合、今、便利であるという事にプラスして、将来も便利に利用できるかどうかを考えていくといくつになっても、どんなに年数を重ねても住み心地のいい家にできます。専門の業者や設計士さんとよく相談し、住み心地のいい注文住宅を考えていきましょう。

モダンにもスタイリッシュにも

家を購入するという事は通常、一生暮らす家を持つという事になります。賃貸の場合、仕事の都合で引越する事もありますし、心機一転気分を変えたいから引越するという方も少なくありません。賃貸では賃貸物件を変えること、引越する事で暮らしのイメージを一変する事が出来ますが、家を購入される場合、イメージを変えるというのはなかなか難しい事です。

素材注文住宅は壁、天井に利用する素材、床や窓に利用する素材などを細かく変えることができます。分譲住宅を購入される場合、こうした箇所はすでに利用される素材が決まっていますし、設計そのものを変えるという事はできません。そのため、分譲住宅では家のイメージを変えるという事がなかなか難しく、設置するインテリアに関しても、住宅のイメージの中にあった物を選択するという事になります。

注文住宅では天井も壁も床も、ガラスに至るまで自分たちが理想と考える素材を利用する事が出来ます。シンプルなホワイト、クリームなどの素材を利用しておけば、インテリアを変えるだけでイメージをモダンにもスタイリッシュにも変更できるのです。

壁や天井などの色をなるべくシンプルに柄のないモノにしておくことで、様々なイメージの部屋づくりが可能です。インテリアに拘る事が出来るのも、シンプルに建築できる注文住宅ならではです。分譲住宅にも素材に拘っている物件も多数ありますが、自分の理想を探し出す作業は思った以上に大変なことです。

参考リンク:ポラス_POLUS(中央住宅)
松戸市の新築物件を紹介しています。