モダンにもスタイリッシュにも

家を購入するという事は通常、一生暮らす家を持つという事になります。賃貸の場合、仕事の都合で引越する事もありますし、心機一転気分を変えたいから引越するという方も少なくありません。賃貸では賃貸物件を変えること、引越する事で暮らしのイメージを一変する事が出来ますが、家を購入される場合、イメージを変えるというのはなかなか難しい事です。

注文住宅は壁、天井に利用する素材、床や窓に利用する素材などを細かく変えることができます。分譲住宅を購入される場合、こうした箇所はすでに利用される素材が決まっていますし、設計そのものを変えるという事はできません。そのため、分譲住宅では家のイメージを変えるという事がなかなか難しく、設置するインテリアに関しても、住宅のイメージの中にあった物を選択するという事になります。

注文住宅では天井も壁も床も、ガラスに至るまで自分たちが理想と考える素材を利用する事が出来ます。シンプルなホワイト、クリームなどの素材を利用しておけば、インテリアを変えるだけでイメージをモダンにもスタイリッシュにも変更できるのです。

壁や天井などの色をなるべくシンプルに柄のないモノにしておくことで、様々なイメージの部屋づくりが可能です。インテリアに拘る事が出来るのも、シンプルに建築できる注文住宅ならではです。